女性

肌が弱い人のスキンケア

化粧水

無添加化粧品の魅力

敏感肌は、様々な物質や環境にアレルギーを起こしたり、過敏に反応してしまう肌質です。どのような原因でアレルギーを起こしたり、肌荒れするかは不明な点が多く、個人差が大きいのも特徴です。敏感肌用に開発された化粧品やケア用品も多数販売されており、口コミサイトでは質問や回答などが多く見られます。敏感肌用の化粧品は、無香料や無着色、鉱物油を不使用のものや、紫外線防止剤として紫外線吸収剤を含まないものなど、肌の刺激になり得る成分はできるだけ含まない処方になっており、肌に優しくスキンケアできることから、敏感肌だけでなく、ニキビ肌やアトピー肌の人からも重宝されています。不要な成分を省くことで、肌トラブルを避けることが可能と考えられています。

バリア機能に着目

敏感肌の人は、特定の物質にアレルギーを起こすことがあります。たとえば、保存料や紫外線防止剤など、その物質が入っている製品を使用するとブランドやアイテムを問わず肌荒れを起こすケースがあります。そのような場合は、特定の物質が配合されている製品を使用しないことで、肌荒れやアレルギー症状がでることを防ぐことができるメリットが期待できます。又、敏感肌の人はバリア機能が低下している状態の場合もありますので、肌質に合った保湿剤を用いてバリア機能を高めるスキンケアが大切と考えられています。バリア機能を向上させることで、敏感に傾きがちだった肌はきめが整い、異物に対して過剰に反応しにくくなる利点があるとされています。